スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
知っておきたい外貨・FXの常識―少額投資で大儲けをする人がいるって本当なの? (なるほどBOOK!)
知っておきたい外貨・FXの常識―少額投資で大儲けをする人がいるって本当なの? (なるほどBOOK!)
大竹 のり子
知っておきたい外貨・FXの常識―少額投資で大儲けをする人がいるって本当なの? (なるほどBOOK!)
定価: ¥ 966
販売価格: ¥ 966
人気ランキング: 47982位
おすすめ度:
発売日: 2007-05
発売元: 西東社
発送可能時期: 在庫あり。

FXがどんなものかはわかると思います
同じ著者が2008年10月に小学館から同じようなFXの新書を発売し
ました。内容はにたようなものなので、どうせなら新しい小学館
の方を選ぶのもよいかもしれません。
内容は本当に初心者向けに、『FXとはこんなもの』を間単に説明
する程度のもなので、過度の期待は抱かないように。

注意点として、この本の中にテクニカル分析の簡単な説明があり
ますが、テクニカル分析で為替の動向を予想するなんて不可能な
ので、決して信じないようにしてください。
このような『嘘』が書かれていなければ、評価はもう少し高くし
ました。

この本の内容に間違いがあったので著者に問い合わせました。
下にやり取りの一部をそのまま貼り付けます。
著者のオフシャルブログ上でやりとりしたものなので、ここで公開
しても問題ないと思いますし、これを読む初心者の方が悩まないで
すむように、情報を共有したいと思う意図で公開します。

100ページの最終行から始まる指値注文の正攻法を記述している文
章です。

【ここからやり取りの複写】
※以下抜粋
相場が円高に進むと予測するなら、現在よりも少し円高なレートで
売り注文を、相場が円安に進むと予測するなら、現在よりも少し円
安なレートで買い注文を出すのが、指値注文の正攻法。
※抜粋ここまで

おそらく買いから入るのを前提に書かれていると思ったので、円高
に進むと思うなら現在より少し円高なレートで買い注文を、その反
対売買として、円安に進むと思うなら、現在より少し円安なレート
で売り注文とゆうのがしっくりくると思うのですが、私の理解力不
足でしょうか。

【著者回答】
ご質問の箇所、「あれっ?」と思って読み直してみたのですが、ま
さにトシヒコさんのおっしゃるとおりです。101ページの図が正し
く、本文が間違っています。大変申し訳ありません。そしてご指摘
ありがとうございます。
【著者とのやりとりここまで】

2008年10月に小学館から創刊された『101新書』シリーズの創刊ラ
インナップにもFX関連の著書(ロハスに楽しむFX)を執筆していま
すが、その中にも全く同じ文章が転用されており、間違いにも気づ
かずそのままです。ほかにも転用されている箇所があるように思え
ますが、FXの話なのでしかたのないことでしょうか。
これから読むなら後から出版された『ロハスに楽しむFX』でいいと
思います。

外貨預金やFXの基本的な仕組みを知る本としては最適
以下は、某金融機関に1年程勤務し、ここ数日のうちにFXを始めた(外貨預金
の経験は無し)私の感想です。(人によっては、あまり参考にならないかもし
れません。)

良かった点は下記の3点
・外貨預金やFXの入門書としては最適です。外貨預金及びFXの経験が全くな
 い人でも、その基本的な仕組みを理解することが出来ると思います。
・実際にインターネット上でFXを行っている画面なども記載されており、大変
 実践的です。
・巻末に丁寧な用語集が付いており、辞書として使うこともできます。

悪かった点は下記の3点
・リスクについての説明が少ない気がします。表表紙に「小額投資で大儲け」
 等の太字の記載がありますが、FXは大損する可能性があるということを明
 記する必要があると思います。また、外貨預金の手数料が他の投資に比べ
 て割高であるということについての説明も足りなかった気がします。
・外国株の売買のことなどが中途半端に記載されていますが、それよりは、例
 えば、FXや外貨預金の証券会社毎の特徴を記載するなどして、FXと外貨
 預金により多くの頁を割くべきだと思いました。
・実際にインターネット上でFXを行っている際の画面についてですが、証券
 会社毎に若干の違いがあるようなので、その旨を脚注などに記載する必要が
 あると思いました。

基本的には読みやすくて大変良い本ですが、リスクについての十分な説明が
無いのが、惜しいと思ったため、星4つとしました。



初心者向けの最初の1冊として良いと思う。

 「はじめに」によると、本書は、同じ著者による『CD-ROM付き 一番やさしく外貨預金・投資信託がわかる』(2005年 西東社)の一部を抜粋し加筆・訂正したもの、とのこと。

 FX(外国為替証拠金取引)に関する記述が最も多いが、外貨預金についても1章、その他の外貨投資商品(外国投資信託、外貨MMF、外国債券 外国株、等)についても1章をあて、簡単に解説している。初心者向けの最初の1冊として良いと思う。

 読者にFXを薦める本は、どうしてもFXの良い点ばかりを強調するきらいがあるように思う。本書は特にFXを薦めているわけではないからか、わりと淡々と解説している印象。1000円前後の入門書としては、解説がかなりしっかりしている本だと思う。

スポンサーサイト
テーマ:新型シビックタイプR - ジャンル:車・バイク
アメリカ通貨】 | top↑
| ホーム |
プロフィール

祥子

Author:祥子
家事と育児に追われつつも、FXで儲けるため頑張る祥子のブログへようこそ^^

忍者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。